青梅宿・津雲邸

畳床は80年前に作られた手縫いの畳床をそのまま使用して表替えを行いました。

さすがに多少腰が抜けていますが、框には檜の板が入っていますので角が立っています。


施工 平成24年4月 / 撮影 平成24年11月

津雲邸 津雲邸 津雲邸




住吉神社

紋縁付きの上敷きです。

短いもので約2畳、長いものでは約7畳の長さがあります。

弛みが出ないよう両端は鋲で留めてあります。


施工 平成20年2月 / 撮影 平成21年1月

住吉神社 住吉神社 住吉神社 住吉神社




臨済宗建長寺派常保寺

紋縁付きの畳です。

隣の畳と紋が合うように注意して縫い付けます。

中央にあるのは四天付き拝敷きです。


施工 平成20年3月 / 撮影 平成21年1月

常保寺 常保寺 常保寺




大柳山月輪院東光寺

中央は紋縁付きの畳です。

周りは綿の縁付きの畳です。


施工 平成19年10月 / 撮影 平成21年1月

東光寺 東光寺 東光寺




墨江町の山車の舞台

上敷きが草臥れたので薄畳を敷きこみました。

叩き手、踊り手が踏ん張り易いように畳の方向、幅を考慮しています。


施工 平成16年5月 / 撮影 平成21年5月

墨江町の山車の舞台 墨江町の山車の舞台




備後の五分縁

畳表は備後の地草です。

縁は綿の栗茶で幅は五分です。


施工 / 撮影 平成21年5月

備後の五分縁 備後の五分縁 備後の五分縁 備後の五分縁